【ナースが答えます!】お悩み1 包茎(ほうけい)手術中に勃起したらどうしよう?!

更新日:

600件のほうけい手術を看てきた看護師ゆみなーです 🙂

「包茎(ほうけい)手術中勃起したらどうしよう?」と心配ですか?

結論から言います。

ほうけい手術中に勃起することはありません。

ほうけい手術を受ける際に勃起をしてしまうのでは?と不安に感じてしまう患者さんは非常に多いのですが、結論からいうと手術中は緊張状態にあり、交感神経が働いているので陰茎は勃起しません。

理由を説明しましょう。

3万円からの包茎手術ABCクリニック

コスパ最強
包茎手術CLINIC

現在ネット事前予約で30%OFF!

 副交感(リラックス)神経が優位でないと勃起しない!

一般的に陰茎が勃起する状況というと、副交感神経優位の状態で心身ともにリラックスした状況ではないと起こることはありません。

交感神経とは体を緊張させます。反対はリラックスを司る副交感神経です。

副交感神経が優位に働いているときでないと陰茎が硬くなることはないのです。

副交感神経が優位の状態となりバランスの良い状態を保つことができれば、性的な刺激を外部から受けた際に脳から陰茎海綿体に血液を流し込む司令を与えるので、一気に陰茎が太く硬い状態になります。

しかし緊張状態にある場合、交感神経が働き交感神経優位の状態になりやすくなるため体が落ち着いた状態になることはなく、陰茎自体が太くなることはほぼないと言われているのです。

そのため安心して手術を受けることが可能です。

 

手術中は緊張状態、交感神経優位になっています

手術を受ける場合や、包茎手術といったデリケート部位の手術を行う際には多くの男性は手術中は緊張状態に陥ってしまいます。

全身麻酔ではなく部分的な麻酔で処置を行っていくため手術を受けている感覚はなくとも、手術中は胸がドキドキしたり、手に汗をかいてしまうなど、非常に緊張をした状況になってしまうのです。

緊張をすることは至極普通のことなので手術を行う上で問題はありませんが、陰茎を直接触れてしまうと勃起してしまうのでは?と不安に感じてしまう方も多いようです。

しかし実際は手術中は交感神経優位の状態となり、体がリラックスすることはないため勃起しないといわれています。

 

まとめ

初めて包茎手術などのデリケート部位の手術を受ける場合は、多くの方が手術がきちんと成功するのか、自分の悩みは解決できるのかと不安な気持ちを持ってしまうことは大半です。

また手術を受ける際に陰茎を医師に直接触れられてしまうと、刺激を受けて勃起をしてしまい恥ずかしい思いをしてしまうのでは?と心配してしまう方が非常に多いとされています。

しかし実際は手術中は心身が緊張しているため、交感神経が優位となり勃起する心配はありません。

 

ゆみナース
ゆみなーも、いままで手術中に勃起した患者さんを見たことは2度くらいしかないです!600人中二人です!
  • この記事を書いた人
看護師ゆみなー

看護師ゆみなー

大学病院勤務後美容外科クリニックへ転職。これまで10人以上のドクターのオペ介助につき、おおくの患者さんを担当。

Copyright© ナースが教える包茎手術ハック・ランキング・口コミ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.